喉が渇いたと感じた時には既に遅し

おはようございます。
ヘルスコンサルタントの坊昭彦です
 

暑い毎日が続いています。
昨日群馬県館林市では、
すでに、37.8度
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アンチエイジングスカイラボ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
熱中症対策が必要となってきます

以下の症状が出てきたら要注意!
黄色信号です
  

1)めまい、顔のほてり
2)足がつる、こむら返り
3)身体がなんとなくだるい
 
 
 
そして、以下の症状はもっと危険です
 

医療機関受診も考慮して、無理は禁物
===================
4)嘔気、嘔吐、頭痛
5)異常発汗、汗をかかない
 

6)皮膚のカサカサ
7)呼びかけに反応しない、
  真っすぐ歩けない
 

8)うまく水が飲めない
  

 
体温調節が難しい子供、高齢者の方は
特に注意が必要です。
 
 

また、屋外で働く人
スポーツする若者
 

屋内においても、
・エアコンが嫌いで我慢する人
 (特に年配の方)
・キッチンで長時間調理する主婦の方
 

キッチリと対策を講じておきましょう

 
 

「喉が渇いたと感じた時には既に遅し」
 

「喉が渇く前に飲むことが大切です」

 
 
前もっての対策が必要です。

 

もしあなたが、
「喉が渇いたなぁ…」
と感じる事があったら、
 

それはもうかなり身体が
「水分不足が起きてしまっている」
すでに危険な状態と考えてください。

 

喉が渇くというのは、

「水分が足りません」

というあなたの身体の
赤信号です!

 
 

車を運転しているときの
ガソリンメーターをみて下さい。
 
d3b24802d9fa4847e830a39349a6ab9c_s
 

右側のFull(満タン)から
左側のEmpty(空)
 
  

喉が渇いたと感じている時は
すでに、赤

そう、ビクビクしながら運転している
わけです

 
そう、いつ車は停まってもおかしく
ないわけです。
 

 
どこにスタンドがあるわけでない
荒野の道を走っているわけです。
 
 
スコッといつ止まっても
おかしくないわけです。

これからの気温の高いこの時期は
特に気をつけていかないと、

水が足りずに体の機能だけでなく
脳の機能も落ちて、衰えてきます。

   

冷静な判断能力も落ちてきます
 
 

しかも、恐いのは
多くの水分不足の方が
その状態に気づいていないということ

  

多くの人は慢性的な水不足状態に
なっているわけです。 
 
  

関東地方の荒川水系の一部のダムでは
すでに取水制限を
開始したところもあります。 
 
スクリーンショット 2017-07-11 8.33.36

  
水瓶が空っ穴になってから
 
 

あなたの身体の水が
足りなくなってから
 
 
慌てたんでは遅すぎます

いつの水分が足りていない人は
身体の危険信号を感じなくなって

あなたの身体はどんどんと
衰えてゆくのです。

 
 
ずっとローンを抱えていて
借金を抱えているのが普通
ローンを持っているのが当たり前

身体の中の水もずっとマイナス
なのに麻痺して感じない
 
 

そんな感じです。

体からの水不足という
赤信号を無視して、
 

水の補給が足りない状態を
何度も繰り返すと…

 
 

あなたの身体の赤信号も、

「言うこと聞いてくれないなら
もう良いや、相手にしないでおこう」

と諦めてしまいます

こうなるともう完全にアウトです!
あなたの身体はますます
悪くなっていきます

人間の身体の怖いところは
 

慣れてしまうと、その危険を
危険と認識できないこと

 

少し頑張れば、できちゃうから
ココまで出来る
 

こっからだったら出来ると
無理してできちゃうから
手に負えないわけです。
 
  

心臓病、ガンもおんなじです。
病状が発症する前に
何らかの兆候があるはずです。
 
  

でも、
その兆候を
・忙しいから
・若いから
・まだ動けるから
 
 

俺は大丈夫
 

と勘違いして、無理してしまう
無理して出来てしまうわけです。

 
車だったら、ガソリンがなくなると
スコッと止まってしまいます

でも、困ったことに
人間の身体は

  

水分が不足していても
若干機能は低下していても
動けちゃうから手におえないわけです。
 

 

本当に自覚症状がない、
欠如しているわけです。

 
 
とにかく、この暑い時期
湿度の高い
熱中度指数が上がってくるこの時期

 

喉が乾く前にゴクリ
時間がきたらゴクリ
 
 
 
アサヒ
  

水を補給しておくクセを
常日頃からつけておいてください

それじゃまた!

坊昭彦 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加