悩んだら大きく息を吐け!

おはようございます。
ヘルスコンサルタントの坊昭彦です。
 
 

昨日は、猫背を改善して、脳に酸素を
取り入れる簡単な体操をお伝えしました
 
 

本日は、脳により酸素を多く取り込んで
仕事効率を圧倒的にあげる方法について
お伝えしたいと思います。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アンチエイジングスカイラボ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
人間の神経は、体性神経と自律神経
に大きく分けられます。
 

 
体性神経はじぶんで調整できる神経
一方、自律神経はその多くは
じぶんで調整できません。 

身体の生存を司る大切な神経です。

 

そして、自律神経は、さらに
興奮したときに働く交感神経と
リラックスした時に働く副交感神経
に分けられます。

 

このうち、呼吸は唯一じぶんで
調整できる自律神経です。 
 

ヨガ女性
 

ですから、この呼吸の仕方を
修得すれば、イライラを抑え、
仕事効率を圧倒的に
上げることが可能となります。

 
基本、まず出すことから
はじめましょう

 

『呼吸』という漢字をみて下さい

呼気(こき):吐き出すこと
吸気(吸気):吸うこと
 
 

名前のとおり、まず吐き出すことが
先なわけです。
 
 

まず思い切り吐き出す
そして、いったん止めて
ゆっくり吸い込む

 
というより、思い切り吐き出せば
自然と苦しくなって
自然に息を吸い込むことになります
 

 
へその奥、お腹の奥を意識して
呼吸を心がけてみると良いでしょう

 

椅子に座ったまま、両手を臍の下
下腹部にあててみてください
 
 

両手の中指の先がお臍の上で、
くっつくようにしてみて下さい

 
丹田に両手の指先をあてながら
みっつ数えながら、息を吐き出します
 

 
一、二、さ〜んで大きく全部
吐き出します。
 
 

一:軽く両手全体で丹田を押さえる
二:指先だけで丹田を少しだけ押さえる
三:指先を丹田に押し込みながら
息を全部吐き出します

 

息を全部吐ききると、おなかの前が
少しづつ固くなっていくのを
感じることが出来ます、

 
息はお腹の奥から吐き出すような
気持ちで、吐いて下さい。

吐く時に意識を集中して一心に
数を数えてください

 
 
余計なことを考えずに
頭の中を数字だけにして下さい 
 

 
息を吸う時は、同じようにお腹の
奥から吸うような気持ちで行ないます
この時は、楽にいっぱい吸って下さい
 

アコーディオンの中心が丹田で
吐く時はその中心に向かって徐々に
アコーディオンを閉めていく

 

吸う時は、大きくいっぱいまで開く。
その繰り返しです。

 
吐く:7秒
吸う:5秒
止める:6秒

こんなペースで、深呼吸して
みてください、

悩む女性

迷ったら、
悩んだら、
大きく息を吐き出す!

それじゃまた!

坊昭彦

追伸
1分かけて、息を吐き出し
1分かけて、息を吸うのを
勧められましたが、まだ出来てません(汗)
 

アロマ
 
メルマガ登録はコチラから 

登録
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加