突然立てなくなりました。両足が言うことを効かないんです・・・

坊です、

6月に入り、日差しが強くなってきましたね。
紫外線対策はしっかりとしていかないと
老化を早めます

老化の三大敵は
日焼け
糖質過多
酸化

日傘、長袖の服を着て、
長時間、直射日光は避けましょう

なお、日焼け止めは肌老化を早めますので
お勧めしません
 
さて、

昨日、突然、メルマガ読者さんから
連絡をいただきました

急を要するということで
スカイプでお話しさせていただきました
 

その内容は

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アンチエイジングラボ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━

『突然立てなくなりました。両足が
言うことを効かないんです・・・』
 

どうしたんですか?
 
 

以下

急に両下肢が動かなくなったんです

2年前より腰の痛みがあったんで
近くの医院で痛み止めをずっと
もらってました

おしっこする時に、なんとなく違和感、
スッキリと出きった感じがないので

採血検査だけしてもらってます

先生は
とにかく、大きな病院で検査を
しなさい、と何度も勧められたんです

ただ、
会社の経営を行っているんで
どうしても休むことができませんでした

 
それが2週間前なんです、
応接室でお客さんと話をしてたんです

いつもように、痛み止めを飲んでから
人と会うようにはしてたんです

途中で痛くなるのが怖かったんで・・・
 

でも、今回は違ったんです

脳天まで響くような
とにかく、
今まで経験したことのない痛みでした、、

じっとしていることもできず
立つこともできなかったんです

とにかく唸っていました、
 

お客さんには申し訳なかったんですが
救急車を呼んでもらって、
大きな病院に運んでもらいました、
 

病院に着くと、痛み止めの処置を
行ってもらい、いつもような状態になりました
 

その日はなんとかトイレまでは行けました、
 

翌日なんですが、
今度は、急に立てないんです、
両下肢が全く動かないんです、

両足をつねっても、叩いても
全く痛くないんです

全く感じないんです
 
   

いろんな検査を行いました

血の検査
レントゲン
CT
MRI
・・・
 

検査の結果、診断は

スクリーンショット 2016-06-02 7.13.11

・前立腺癌の全身転移
・背骨の骨への骨転移

・右上腕骨病的骨折
・脊髄浸潤による脊髄損傷
 

レントゲンを見せてもらったら
とにかく骨が真っ白なんです

先生が言うのは、骨が硬くなる変化を
起こす、代表的な転移像

背骨の骨が、神経を押さえつけて
足のいく神経がバカになっている
このため、足が動きません、

と言われました

 
まだ、会社でやることあるんです。
家族にもまだ何もして
やっていないんです
 

なんとかなりませんか?

以上
 

あなただったら、何をしますか?
 
 

検診はするな!
健康診断は無意味

との意見もあります。
 
ただ、あなたが身体の異常を感じたら
自分の身体の声をキチンと
聞いてあげてください
 

身体のコンディショニングも兼ねて
ゆっくりと時間をとって
自分の身体に向き合ってください、
 
 
それじゃまた!
 

坊昭彦
 

編集後記

前立腺癌
前立腺の細胞が正常な細胞増殖機能を失い、
無秩序に自己増殖することにより発生します。

遺伝子の異常が原因ともいわれていますが、
正常細胞がなぜがん化するのか、
まだ十分に解明されていないのが現状です。

特有な症状がないため
発見は遅れることが多いです、

このため、採血でPSA高値
骨転移による局所の痛みで
発見されることが増えてきてます、
 
発見が早く、病巣部位が局所に
限局していれば、進行がゆっくりなために
手術加療で比較的予後は良好です

また、
非常に進行が緩徐のため、
見つかっても
定期的に経過観察するだけの場合も
多いがんです。
 

ここで、前立腺癌の疫学情報について
死亡数は年に約1.2万人

男性がん死亡全体の約5%
罹患率は1.4万人
 

危険因子としては
高齢、65歳以上で徐々に増え、

80歳以上では五人に一人が
かかっているとも言われています

リスク要因として、
乳製品の過剰摂取
肉、脂肪過多、と言われています。

予防としては、
大豆、リコピン、セレン、ビタミンE、
魚、コーヒー、野菜などがあげられています。

メルマガはこちらから
アンチエイジングラボ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加