あなたは身体に対して放置プレイしていませんか?

今朝も散歩を済ませて快適な気分の坊です、

今日は、朝からスカイプでミーティング
させていただきました

素晴らしく健康に関して意識が高い方で
また、知識だけでなく実際に行動を
おこされているのが、感じられました

しかも、健康についての知識を多くの人に
広めていきたいというお考え、本当に
素晴らしいですね

このような人が増えていくと、ますます
日本元気になりますね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アンチエイジングラボ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
風邪をひいた、のどが痛い、となると
思わず飲んじゃうのが、風邪薬(鎮痛薬)

使ったことある方、多いと思いますが
辛いのをすぐに楽にしてくれるひじょうに
ありがたいものです

でも、
長期にわたって使うことオススメしません
いつも飲み続けることももちろん
すすめません

スクリーンショット 2015-06-04 11.51.44

鎮痛薬は
熱や痛みを感じなくさせて
一時的に楽にしているだけです
根本的に治しているわけではありません

このへん、お間違いなく!

そもそも、発熱や痛みは
異常部位に対しての身体の正常な反応
なわけです

風邪をひいた時に
・熱が出る
・咳が出るの
・痰がからむのは
入ってきたウイルスを外に押し出そうと
身体の免疫機構が頑張っているからです

その発熱、咳、痰を
消炎薬、鎮痛薬、去痰薬で無理やり
押さえつけてしまうのは

治そうとしているあなたの身体の
正常の素晴らしい身体の反応を
止めてしまうんです
抑えてしまうんです

そもそも、
痛み、発熱、腫れ、は正常な治癒反応で、
体が病気と戦っている証拠です

疲労した筋肉を回復させようと人間の体は
血管を広げて血流を増やします。

同時に、知覚神経に敏感に反応する
働きをもついろんな化学物質が出て
痛みや腫れを非引き起こすんです

このことが、肩こり、腰痛、筋肉痛などを
引き起こすわけです

無理をかけずに安静をとっているだけで
結構痛みは取れるんです

自然な痛みを取る流れを邪魔してしまう
のが、じつは、お薬です

せっかく、身体が治そうとしている
正常の反応を抑えてしまうんです

薬を使うと、
一時的に痛みや腫れは治まります!

でも、あくまでも、根っこの原因の
ところは変わりません

これを繰り返していると、悪循環に陥って
病気が悪化していきます

じわじわと悪くなっていくんです
だって、症状をひどくしないようにして
どんどん悪いところは悪くなっていくん
ですから

ちなみに他のお薬も同じですよ
胃がムカムカするから>>胃薬

痒い、皮膚が真っ赤>>ステロイド

血圧高い>>降圧剤

原因に対しては放置プレイですから

短期的な痛みから逃げるために
薬を使うことは
結果として、長期的には身体に害を及ぼし
続けるわけです

もちろん、西洋医学の治療は
救急の時には、絶対の必要です
特に、外科学、外傷学の分野では
必須です

朝お話の中に、『戦場医学』という言葉が
耳に残っています

ただ、どうしても抜け出れない要件がある
しんどくてかなわない

どうしても我慢できないときは
私は使っていいと思っています

たまに、私の友人で
しんどくて4日間仕事出来なかった
みんなに迷惑かけたという人います

あとで、ずっと後悔するくらいならば
少しだけ薬を使ってみるのをおすすめします

このへんは、その人の優先順位に
照らしあわせて考えてみましょう

今日は、話していて気づいたことを書きました

今日も読んでいただき
ありがとうございます

坊昭彦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加